俺俺俺俺おれおれおれおれろえれおr


なんでもない。
by heymercedes
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
profile.
飲むのとヨットとバンドとCSが好き。
.....ただの娯楽好きじゃねえかよ。。現実から逃げてるだけだろ。。こら。  
うん。そうだね><
早く夏こーーーい!!
金ふってこーーーいっ!!

新しいウエットもふってこおおおい!

カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:about my own life*( 52 )


とつぜん



いきなりのメール

画面に映し出される その名前を

驚きと 困惑顔で見つめていた

三年の月日が 君をどう変えたのかは

分らないけど

僕は相変わらず マイペースで 

だらしないままだよ

僕らで過ごした あの季節たちは

確かに今でも 一番輝いているけど

もし君とまた 暮らすとしても

きらめきを作り上げる自信より

怖さが強い

だけど 今

君からの 電話やメールが

少しうれしい


[PR]

by heymercedes | 2005-01-20 17:14 | about my own life*

Every weekend, sailing with you.

前に書いた詩が、本の間に挟まってたっ!ってなわけで、投稿。。。
でもさ、、、なんか幸せなときの詩って青臭いなぁ。。。。。





================================


おやすみと言って目を閉じても、君の視線を感じる事が

僕の一日の楽しみだなんて 君には言わないけど

僕が触れた意味を いつか知ってください



僕がまだ寝ているあいだ 腕のあいだをすり抜ける君を

少し寂しく想うなんて 君には言わないけれど

聞こえないありがとうの意味を いつか知ってください



キッチンからのコーヒーの香りが 僕に教えてくれる

海辺で迎える朝と 今日の楽しみを

週末のこのきらめきを



君が作る朝食を食べるより前に 砂浜へマグカップを持って向かう僕に

あと10分 と少し不機嫌な君に 戻って来てテーブルに置かれるだけの

砂浜のガラクタの意味を いつか知ってください


砂浜へ向かう準備をしている間 僕は砂浜ヘ向かい

ヨットの整備をしてるけど 急いで準備しなくてもいいのにと

君を見て微笑む意味を いつか知ってください



砂浜に駆け下りてくる黒い水着が 僕に教えてくれる

君と海に出る景色と 今日の風を

日焼けを痛がる君を




どれほど幸せでいても 迫り来る不安と知ってしまった痛みを

拭い切れないなんて 君には言わないけど

僕がここにいる意味を いつか知ってください


 
風を感じて 波を切り裂いて 水平線へ向かう船も

今ある最高の幸せも 今ある全ての不安も

この舵を放さずにいれば きっと大丈夫

この週末のきらめきをいつまでも大切にできたらいいな

二人の物語がずっと一つでありますように

[PR]

by heymercedes | 2005-01-18 17:24 | about my own life*

ぽちっとな


この感覚を文字で表現できたらいいのにな。

文字だと陳腐になっちゃうから、

書き出された文字を指で触れたら

この感覚が伝わるやつ

ないかな。



聞こえる音全てが

頭の中で鳴り響く音全てが

ラジカセにつないで、録音できたらいいのにな。

頭に端子が付いててさ、ラジカセにつないでさ、

ガちゃってボタン押して。



でも、そんなことできたら

今のこの感覚も価値が無くなってしまうんだよね。

誰もが伝えられなくて、気持ちを共有できなくて

もがいて。

だから伝わったときに味わえる幸せがあるのかな。

だから、

今は感じたことを

強く 頭の中に刻み込むことを

もがくための材料を

いっぱい刻み込んでおこう。


[PR]

by heymercedes | 2005-01-08 21:46 | about my own life*

したたか



僕の下唇を舌先で軽く舐める 君のキス

優しいキス 

激しさを押し殺した 君のキス

そんな健気さに 僕は情熱で君を押しつぶしたくなる

でも 僕はゆっくりと 指先から情熱を放つ

壊さないように 気づかれないように 

ゆっくりと 君を包む

たっぷりと 君に罠をかける

君の心が 僕に同調するまで


僕の指先が 舌先が 表す意味を

目を閉じていても 感じられたら

僕は君の反応と ともに 君を支配する

ゆっくりと 一つ一つ 罠を 始動させる

僕の したたかな 愛

[PR]

by heymercedes | 2004-12-14 01:30 | about my own life*

I Love

ただ 黄金のそれを求めていた

ほろ苦い思い出には ほろ苦いそれを

日々の喧騒のような 昇り行く気泡たちを

ただ 見つめているだけで

少し 心が安らいでくる

僕は今 この冬空の中でも

暖かい





















はい。ただのビールです。
おいしいね><
[PR]

by heymercedes | 2004-12-14 00:44 | about my own life*

Regret and Excuse

Say it ain’t so.Girl.

Nothing on earth could come between us.

So,Say it ain’t so.Girl.

Why are you still dwelling on her?

Don’t you know what I’m getting at?

I just hooked up with her last night.

Don't make more out of it than it is.

You mean a lot to me.

[PR]

by heymercedes | 2004-12-07 13:34 | about my own life*

90210


願い事をひとつ叶えてあげるなんていうから

考え込んでしまったよ

願い事は全て未来へ向けてのこと

過去には何一つ叶わない

過去の様々な別れを 思い出を

消さないように

色褪せないように

包み込んで

全部抱きかかえて

前を向いていけるように

暖かな感性がほしい

なんて考えたけど

それはまた 別の願い事

君に叶えて貰いたいことは

この 二人にしか分らない特別な関係を

少年の嘘のようなことで 

終わらせないことを

約束してほしい




[PR]

by heymercedes | 2004-12-03 17:43 | about my own life*

Lead my honest eyes.

b0066303_1675458.jpgTiny little stars and table set for two.

You say this is the most beautiful thing.

Can you still feel it?

Passion with million love.

An endless list of treasures.

Tonight, this is the one.

Sit and know my words for you.

And say that you know.
[PR]

by heymercedes | 2004-12-02 16:08 | about my own life*

holy cold season,table for the music.


街燈が蒼白く光るこの冬に

吐息が白く 夜空に拡がり

いつか降る雪のはじまり

視界がはっきりとする寒い夜には、

少し 自分にご褒美をあげよう。


いつものバーには行かないで 

タクシーに乗って 少し遠いあのカフェへ

お気に入りの本と タバコ 

窓際の冷気を帯びた席ではなくて

それを見渡せる 少し奥まったソファへ

心の鍵を外しても 寒さを感じないその席へ

ジャケットを脱いで タバコと本を置いて

甘いココアとソファに包まれ 目を閉じよう

この満ち足りた空間で メロディーを作ろう

クリスマスの旋律を 

真っ暗な視界に 旋律が映像と共に現れるのを

ココアとタバコの匂いが 待っている

クリスマスの旋律を


[PR]

by heymercedes | 2004-12-01 11:25 | about my own life*

つよがり


恋をすれば盲目
視界は狭まって
気づいたら走りすぎてる

終わりのサインも
寂しさで見ない振り
帰り道はもう 見えない

この恋のせつなさ
昼なら分かるけど
夜になれば逢いたいだけ

さよなら、君といた季節は輝いていた
なんて思えるのは 瞬間

見えない答えと 現実を見つめて
僕はまだ ここにいる

この恋の終わりが近づいているなら
もう少し、ここにいよう

きのうも 
今日も 
明日も 
かなしみも
涙も 
この思いも 
僕も 
君のもの

なくならないように
消え去らないように

ゆっくりと 結末から目を逸らして


[PR]

by heymercedes | 2004-11-24 11:56 | about my own life*